媚薬の使用方法と、料理で手に入れる方法

媚薬というとどちらかというと女性が服用することで催淫効果をもたらすことが期待されます。
使用方法としては、液体に溶かして飲んだり陰部に塗ったりなどさまざまなものがあります。
ただ、わざわざ媚薬というのを購入しなくても、毎日の料理の中に媚薬効果を持つ食材はあるのです。手作り料理に混ぜて、好きな女性を振り向かせてみましょう。
女性が好きなチョコレートに含まれているフェネチルアミンという成分には興奮効果があります。チョコを食べるだけで興奮状態となるのです。
コーヒーの中でもジャワコーヒーには脳の性的興奮を管理する部分を刺激する成分が入っているので、食後に勧めてみるのもよいでしょう。
卵に含まれるL-アルギニンというアミノ酸は男性の勃起を助ける成分として有名ですが、女性にも似たような効果は現れます。
サフランにも性的機能を高める成分が入っており、本場スペインでも紅茶に入れて飲んだりしています。
血管系を健康にする作用のあるシトルリンが多く含まれているスイカですが、このシトルリンが女性の性衝動を高めるという研究結果も出ています。
女性をその気にさせる媚薬として使える食べ物は身近なところにいくらでもあるのです。ただ、薬を飲んでもその効果のほどは人それであるように、食事がもたらす効果にも個人差があります。必ずしもその気にさせることができるとは限りません。特に女性の場合、体だけ出なく精神的な面も性的意欲に関係してきます。女性の側も少なからずその男性を思っているのでないかぎり、うまく行くことはないのです。
昔から、さまざまなスパイスなども媚薬として用いられてきました。今ではスパイスは近所のスーパーで簡単に手に入ります。もしも脈があれば手料理を振舞うといわれたら付いてきてくれるでしょう。あと一押しに媚薬入り料理を用意しておきましょう。